顔のむくみというと、水分の摂りすぎやお酒を飲んだ翌日の顔を思い浮かべると思います。むくみとは水分が滞ってできるもの。顔だけでなく足やまぶたもぼってりと腫れぼったくなり、余分な水分が体から抜けていくまで解消されません。

このむくみの原因となる「余分な水分」は、体の中の老廃物などをたっぷり含んでいます。一刻も早く外に出した方が健康にいいんです。いつもよりだるかったり体の調子が悪かったりするのは体のむくみのせいかもしれません。

もちろん、むくみは顔の皮膚にも悪影響を与えます。顔の水分がたまっている状態は、皮膚が水分の重みでたるみやすくなっているということ。むくみを放っておくとたるみを促進させることになりかねません。

そして、体や顔がむくんでいるのは水分の摂りすぎやお酒を飲んだ日だけではありません。実はほとんどの人が慢性的にむくんでおり、余分な水分を顔にため込んでいます。むくみの解消はたるみ防止の第一歩!余分な水分をしっかり流して小顔&リフトアップしていきましょう。

顔のむくみ解消のために有効なのがリンパマッサージです。リンパマッサージと言えば手や道具を使ってぐいぐいリンパを流すイメージがありますが、そこまでしなくても大丈夫。リンパを優しくケアして、「自然にリンパが流れる状態」を保っていきましょう。

リンパマッサージの前にまず、顔がむくんでいるかどうかをチェックしてください。口を「あ」の形にして耳の後ろのくぼみを押して「痛い」と感じる場合は顔がむくんでおり、リンパの流れが滞っています。

具体的なリンパマッサージはコチラ↓

リンパの流れをスムーズにするマッサージ

ステップ1
口を「あ」の形にした時にできる耳たぶの前のくぼみに人差し指を、耳たぶの裏のくぼみに親指を入れてそっと耳たぶをまわします(5回)

ステップ2
ほお骨の下から手のひらを使い、顔のエラに向かって斜め下になでおろします(5回)

ステップ3
ステップ1のように指を置いて、耳を後ろに5回まわします。

ステップ4
下あごを左右にずらします。(5往復)

ステップ5
下あごを前に付きだしたり後ろに惹いたりという動作をします(5往復)

ステップ6
腕を広げてガッツポーズをし、肩甲骨を引き寄せる動作をします(5回)

耳の後ろから肩甲骨にかけてのリンパを流す感じですね。この動作をすることで鎖骨付近にあるリンパ節が刺激され、リンパの流れがスムーズになります。できれば3セットずつを朝晩やると効果的!化粧の前に行うと化粧のりの違いを実感する人もいます。

余分な水分を抜くことでリフトアップ&マイナス見た目年齢を手に入れられます!ぜひ毎日の習慣にしていきましょう。