アスペルガー症候群の就職状況ってどうなの?

アスペルガー症候群は、会話の能力はありますが、社会においてのコミュニケーションや想像力に障害のある、自閉症に似た障害といわれています。

アスペルガー症候群であることで、就職先がなかなか見つからない方もいるようです。
もちろん、健常者の方と比較し、同じような就職先の見つけ方をすれば、そのような結果になりますが、複数社に内定をもらえている方もいます。

その違いは一体なんでしょう?

特に、就職を成功させている方は、、しっかりと方向性を決めているようです。
例えば、どんな会社がアスペルガー症候群に理解があり、受け入れてくれるのか、事前に調べておくことです。

事前に調べておくことで、
たとえ、障害があったとしても、障害であることをメリットに変えることで
優位に就職することも十分可能です。

よく、アスペルガー症候群であることをデメリットととらえ、
就職が難しいのでは?
今の就職状況は厳しいのでは?
と思う方も多いようです。

ただ、それは、就職活動する前の準備が不足している場合がほとんどです。
確かに、一般の障害のない健常者の方と比較すれば、一見不利に思えます。

ただ、就職状況は、一般の方が難しいといわれる大手の企業への就職も、
アスペルガー症候群であることをメリットにし、就職している方は、多くいます。

一見、不利に思える、障害というものを
メリットとしてとらえるように思考回路を切り替えて、いきましょう。

では、どのように就職活動をおこなっていけばよいでしょうか?

アスペルガー症候群であることをメリットに変える就職方法

アスペルガー症候群の方は、特に、就職先を決めるにあたって、
どんな仕事に向いているのかよりも、どんな仕事に向いていないのかを、しっかり把握しておきましょう。

今までの経験でも良いですし、
これから、長く勤めるためにも、こんな仕事だけは、絶対に避けた方が良いものをリストアップしましょう。

仕事ですので、すべてが円満に簡単にいく仕事はありません。
これは、アスペルガー症候群の方に限らず、健常者の方でも同じことがいえます。

ただ、障害があることで、特に、外した方が良い仕事、業務内容などがあります。
例えば、数値のミスが許されない仕事、看護師などようなお仕事です。

医療や運転士などが該当します。ただ、人によって、向きアスペルガー症候群であっても、不向き不向きが違います。これらは、一例なので、いろいろ調べてみると出てくるので、一読しておくとよいでしょう。

これが決まったら、次は、
就職先となる会社を選定することです。

ただ、就職先となる会社を、ご自身でネットで検索する方法がありますが、これはあまりおすすめしません。
理由は、情報が古かったり、アスペルガー症候群の方を採用企業する非公開の求人は見ることができないからです。

また、面接となった場合、よほど、自分でPRできるものがないと、
採用する企業側は、判断が難しくなります。

では、他の方法がないかというと、そんなことはありません。
それは、国で支援している、障がい者の就職を支援する会社に、就職活動を手伝ってもらう方法です。

つまり、一人で就職活動をおこなわず、
専門の機関に、就職先を紹介してもらう方法です。

実は、これは、大きなメリットが3つあります。

1.無料で就職先を紹介してもらえること。
2.非公開の優良就職先の情報が入手できること。
3.面接対策や業務内容などの詳しい情報が事前に入手できること。

です。
これらが入手できるだけで、決して個人で活動では手に入らない情報が無料で手に入るんです。
使わない手はありません。

アスペルガー症候群の就職活動のサポート会社の選び方

就職先の支援をしてくれる会社があるっていうことは、とても心強いものです。

ただ、どこも安心できるか会社というと、残念ながら、そうではありません。
情報提供も少なく単なる、紹介だけする会社もあれば、しっかり就職するまでの資格取得や仕事に使える技術を学ばせてくれる会社もあります。

ですので、ポイントとなるのが、
就職活動のサポートをしてくれる会社選びなんです。

もし、最寄りの就職支援会社で、アスペルガー症候群の実績などが多くある会社があれば、
調べてみてください。

ちなみに、東京に通える方であれば、以下がおすすめです。
7割以上が大手の安定した企業に採用されている昔からある支援サポート会社です。

相談するなら、ここに無料で登録しておくとよいでしょう。
※障がい者手帳は必要になります。

▽▼▽ 東京に通える方は、この無料登録がおすすめ! ▼▽▼
障がい者求人紹介 ラルゴ高田馬場
就労支援施設 ラルゴ神楽坂

shousai