コレステロール対策のために、正しい食事を!

コレステロール対策のために
正しい食事を!

血中コレステロールって?

血中コレステロールとは、血液の中に含まれるコレステロールのこと。この血中コレステロール値を正常に保つことが、生活習慣病の予防につながるとされています。

コレステロールを作るのは、自分の肝臓!?

では、血中のコレステロール値を正常にするにはどうしたらいいのでしょうか?コレステロールの高い食品を避ければいいと思われがちですが、本当は違うのです!
血中のコレステロールは、実にその80~90%が私たち自身の肝臓で合成されたもの。食べ物から摂取したコレステロールは、わずか10~20%にすぎないんです。
だからコレステロール値をうまくコントロールするには、コレステロールを多く含む食品を食べないようにするよりも、「コレステロールの発生をうながす食べ物を避けること」「コレステロールを発生させにくい食べ物を食べること」が重要なんです。

コレステロールを増やす物って何?

私たちが普段何を食べているかによって、肝臓で作られるコレステロールの量は変化しま す。特に重要なのが、食べ物に含まれている脂肪の取り方です。

じゃあ、脂肪をなるべく取らないようにすればいいの?

いいえ、違います。同じ脂肪でも、「飽和脂肪」をたくさん取ると、コレステロールの発生がうながされ、量が増えます。逆に、「不飽和脂肪」をとると、発生する量は減るのです。血中のコレステロール値が上がるのは、飽和脂肪と不飽和脂肪のバランスが崩れた食事を取っているからなんですね。

どんな食べ物に飽和脂肪酸が多いの?

牛肉や豚肉の脂身、バターやチーズなどの乳製品には飽和脂肪が多く含まれています。バターをたっぷり使ったクッキーやケーキなどの洋菓子も同じです。また、インスタントラーメンやポテトチップスも、作るときに使われる油に飽和脂肪が多いため、コレステロールを上げやすい食べ物だと言われています。
お手軽でおいしい!とついつい手が伸びてしまうお菓子やインスタント食品ですが、実は結構危険かも…。なるべく控えるようにしましょう。

じゃあ、どんなものを食べたらいい?

豆腐や油揚げなどの大豆製品が特におすすめ。揚げ物でも、大豆油や菜種油、ごま油などは不飽和脂肪が多めなので、これを使えば安心です。お菓子を食べたいときは、脂肪分の少ない和菓子を選ぶといいでしょう。お肉も、鶏肉ならコレステロール値を上げにくいので大丈夫。
それと、食物繊維を取ることでも、コレステロールの発生を抑えられます。野菜や海藻などで食物繊維をたっぷり取れば、満腹感を得られてダイエットにも効果的ですよ。
バランスの良い食事を心がけ、生活習慣病を予防しましょう!

関連記事

  1. 抗肥満作用がある「パロアッスル」でダイエット目指そう♪

  2. 35歳からは糖尿病に注意が必要!?

  3. アクアデオ(AQUA DEO)クリーム【デリケートゾーンの臭いを消臭!その口コミとすそわきが効果とは?】

  4. ハリウッドセレブにも人気♪「ファストウィートスリム」で楽々ダイエット!

  5. カフェインを減らすと美肌効果が!?ハーブティーで美肌を作ろう!!

  6. お腹のお肉が胸に移動!?「グラマラスリム・プエラリア」が売れている理由を徹底解明!