ノロウイルス対策

ノロウイルス対策

 

 

冬の季節になると、インフルエンザなどの風邪のウイルスやノロウイルスが流行して
きます。
このノロウイルスの場合、保育園や学校などで猛威を振るう場合が多く、子供たちの
多くが感染する傾向がみられます。
そこで、ノロウイルスにならないためにどうすればいいのか、また、ノロウイルスに
かかってしまった際にどうすればいいのかをお話ししていきたいと思います。

 

ノロウイルスってどんな症状なの?

 

ノロウイルスの場合、人間の小腸の粘膜で増えてしまいます。特に注意したいのが
寒い冬の季節に多くの感染が見られます。
感染ルートとしては手や食品についたウイルスが口から入ることで、胃腸炎を発症
させていきます。
特に、ノロウイルスの場合、強烈な感染力を持っており、その数が100個以下の
ウイルスであっても発症してしまいます。症状としては2日程度で治まってきますが
高齢者や乳幼児などの場合どうしても抵抗力が低いとあって脱水症状が起こりやすく
症状が重症化することになりますので、注意が必要です。
ちなみに、現状ではノロウイルスの治療薬はありません。専門医で受信した場合でも
吐き止めや整腸剤などが処方されることになります。

ノロウイルスの予防対策1~貸し借り、回し飲みはNG!

 

まず、できるだけ避けたいのが、飲み物などの回し飲み、ハンカチの貸し借りなどは
絶対にしないように心がけてください。子供にも注意を促す事が必要ですね。
また、まわりで吐き気をもよおした人がいた際にも嘔吐したものの中にウイルスが
存在する可能性がありますので、触れたり、近づいたりしないようにしましょう。
トイレで吐いた場合も、流す際には洋式の場合、便器のふたをしめた状態で流しま
しょう。

 

ノロウイルスの予防対策2~手洗い

 

風邪の予防でも手洗いやうがいは基本です。ノロウイルスの場合でも、手洗いは
しっかりと行っていきましょう。効果的な手洗い方法としては「2度洗い」です。
外出先から家に戻った際には、石鹸を使って爪の間まで意識した手洗いを2度行って
くださいね。指を曲げて、指先を立てて手のひらでこするように洗っていきましょう。

そこでもっと具体的にノロウイルス対策として効果的な手洗い方法をご説明しますね。

ノロウイルス対策の手洗い方法

1)まずは、流し水を使って手全体に水を使って素洗いする。次に、石鹸を適量手に
とって、手のひらと指の腹の部分を丁寧に洗ってください。

2)次に、手の甲と指の背を洗っていきましょう。そして、指の間の側面とつけ根の
部分も
両手の指をからませながら洗っていきましょう。
その際に、親指や親指の指の腹の部分も
忘れずに洗ってくださいね。

3)さらに、両手の指先すべて、最後に手首までしっかりと洗いましょう。
そして、手についているバイ菌が洗い落とされた洗浄剤は水を使って十分に
洗い流してくださいね。
清潔なタオルで手の水分をしっかりと拭き取って乾燥させます。
その後、念のためにアルコール消毒液で洗浄させておくといいですね。

 

ノロウイルスの予防対策3~うがい

 

予防策の定番でもあります手洗いとくれば、次はうがいですよね。

外出先から戻ったら、手洗い&うがいですが、家にいてもうがいはできるだけこまめに
行うといいですね。うがいのノロウイルス予防効果としては、口に入ったウイルスを
できるだけ減らしてくれますからね。また、ノロウイルスやインフルエンザの菌は
乾燥を好んで活発化していきますので、うがいを行う事で口の中を保湿できるので
いいですよね。
うがい薬はヨード系の物が効果的と言われています。なければ塩水でも構いませんよ。
特にこどもがうがいをする際には、口先だけで行ないがちですが、できるだけ首を
後ろへ倒してのどの奥までしっかりとうがいをさせるようにしてくださいね。

ノロウイルスに感染したらどうしたらいいの?

 

身近にノロウイルス感染者が出た際には、まず、一番に注意したいのが嘔吐した物に
触れないことです。
嘔吐物の中にノロウイルス菌があるので、直接触れたり舞い上がったものを吸い込む
ことで、感染してしまうんですね。先ほども少し触れましたが、トイレで嘔吐した
際にも、必ず便座のフタをしめてから水を流すことは重要になります。
また、流す際の水しぶきがかかることでも感染する場合もありますので要注意となり
ます。
さらに、ユニットバスタイプなら、便器のそばに歯ブラシなどがあれば、そこに菌が
付着して感染する場合もあります。できるだけ感染者を増やさないためにもまわりの
生活用品は場所を移動させ、タオルなども共有しないように心がけてください。

ひどい下痢や嘔吐などの症状がある場合は、脱水症状にならないように、しっかりと
水分補給をすることです。その際には、スポーツドリンクよりもよりも、糖分が高く
塩分が低く、
そして吸収力の高い「経口補水液」をおすすめします。ドラックストア
で手軽に購入できますよ。
子供の場合、嫌がって飲まない場合もでてきます。その際には経口補水液を製氷皿を
使って
氷状にすると、冷たくておもしろがって気軽に口にしてくれますよ。
試してみてください。

関連記事

  1. BBXダイエットの副作用【うつ・疲れやすい・立ちくらみなど副腎疲労に注意!】

  2. ベルタプエラリア 効果を実感♪バストアップサプリ

  3. しらたきヌードルを活用すればカロリーダウンに効果!

  4. アンダーバストが細く!?バストアップしながらダイエットできる『グラマラスリム・プエラリア』他のバストアップ&ダイエットと比較してみました!

  5. あなたにぴったりのアロマオイルは何??買って損のないアロマオイルとは!!

  6. スポパッドパワー4 口コミ【1ヵ月でくびれボディに変身しちゃいました!】