土踏まずがない「扁平足(へんぺいそく)」

実は、扁平足の方は、
血流が悪くなり冷えて太るという事をご存知でしょうか??

土踏まずは、私達の身体全身を支える土台となるものです。

土踏まずがなくなると、ひざや股関節や骨盤などにゆがみが生じてます。
また、地面からの衝撃を直に受けることによりふくらはぎの筋肉も
固くなり血流も悪化し身体が冷えてしまうのです。

今回は、冷えを改善する効果のある
土踏まずのケアについてお伝えさせていただきたいと思います。

扁平足を招く原因

今まではそうではなかった方でも
生活習慣で扁平足になることがあります。
扁平足を招く原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

●ハイヒール
ハイヒールを履いて歩く際は、足先をあげて正しく歩くことができない為
足裏のアーチが落ちて扁平足を招いてしまいます。

●運動不足
運動不足による筋力の低下も足裏のアーチが崩れてしまう原因に。

●体重増加
運動不足で体重が増加している方は当然筋力が弱まっている状態です。
そんな状態で足裏に重い体重がかかると土踏まずが潰れてしまう原因になってしまいます。

足裏のほぐしケア

●足の裏全体をほぐす
足の裏は内蔵に直結しているので足の裏をほぐすということは
内蔵の調整にも繋がります。

●足首を回す
足首は女性ホルモンのツボが集中している場所でもあります。
足首をやわらかくすることは女性らしさを保つためにもとても重要な事。
ゆっくり左右に回したりつま先を上下に上げ下げしてほぐし
血流やリンパの流れをよくしてあげましょう。

●かかとを指圧
かかとには、女性の生殖器のツボが集中している部分です。
かかとの内側 → 子宮
かかとの外側 → 卵巣
かかとの部分もよくほぐすようにしましょう。

下から上にマッサージ
ふくらはぎの裏側全体に圧をかけて
下から上にマッサージするようにしましょう。
膝のうらも老廃物がたまりやすいので
優しく流してあげることも大切です。
*マッサージを行う際に、クリームなどを使用するとケアを行いやすくなります。

扁平足にならないように気をつけること

●かかとから着地して親指で地面を蹴るようにして歩く

●靴は3~5センチくらいヒールのあるものを
靴を選ぶ際には、かかとが合っているかどうかを確認しましょう。
かかとがしっかり固定されていないと中で足が動いてしまい疲労の原因にもなります。

足裏をほぐすことは、
冷えを改善するだけではなく
反射区のツボを刺激することで健康にも役立てることができますね。

また、ふくらはぎは、第二の心臓とも言われている場所で
足の裏からふくらはぎをケアすることは
身体のケアにとっても大事なことです。

是非、入浴中などに
足裏のマッサージを行い健康に役立ててみられてはいかがですか??