生姜や唐辛子は身体を温めてくれる効果が高く
冷え取りの食材として利用されている方も多いのではないでしょうか。

しかし、冷えとり効果の高い食材の中でも
最近、特に注目されてきているのが「くるみ」なのです!!!

そこで今回は、冷え取りの効果の高い
生姜やくるみの特徴などについてお伝えさせて頂きたいと思います!!

まずは冷え取りの代表格の食材でもある「生姜」
生姜が身体を温めてくれる作用が高いことは知られていますが
生姜にはどのような特徴があるのでしょうか??

生姜の特徴

●じっくりと火を通して、生姜の辛味成分の
身体を温めてくれる効果を十分に引き出す事が大切

ショウガオールの効果
ショウガオールは、生姜を加熱することによって生まれる成分。
ショウガオールは、血管を広げてくれて血流を良くしてくれるので
手の先や足の先などの末端まで温めてくれる作用があります。

生姜の発汗作用
血行が良くなると新陳代謝もよくなり発汗作用も高まる。
発汗作用が良くなると体内の老廃物の排出もスムーズに行われるので
むくみの改善にも繋がる。

生姜の取り入れ方のポイント

●毎日少しづつ摂取する
生姜は、約14日ほど日持ちしますので
継続して少しずつ摂取することが大切です。

くるみの特徴

●健康効果が高いオメガ3脂肪酸を多く含む

くるみに多く含まれるオメガ3脂肪酸の効果
オメガ3脂肪酸は、血管をしなやかにするだけではなく
血行も良くしてくれます。
特に、くるみはナッツ類の中ではオメガ3脂肪酸を
含む量はダントツです。

くるみに含まれるビタミンEの効果
くるみにはビタミンEが大き含まれています。
ビタミンEは、末梢血管を広げて血行を促してくれ
冷え性の改善に役立ちます。
また、くるみにはビタミンだけではなく
ミネラルも沢山含まれています。

くるみの取り入れ方のポイント

●間食として取り入れる
●料理に使用する

少し小腹が空いて何か身体に栄養を取り入れる時なども
くるみは割と手軽に食べやすいですし、
生姜も最近では、生姜を乾燥させて出来た生姜パウダーなども
販売されており、ティータイムに活用しやすくなってきています。
しかし、くるみは冷えに効果的な食物ではありますが
脂肪分も多い食べ物ですので食べすぎには注意が必要です。
食べ過ぎない程度に摂取するように気をつけましょう。