入浴で疲労回復

 

1日の疲れを解消するためには、シャワーでお風呂を済ませるのでなく、バスタブにしっかりと
浸かって、体を癒してあげましょう。そこで、入浴で疲労を解消するポイントをお話ししますね。

 

 

 

お湯の温度

寒い冬などは熱めのお湯にどうしても入りたくなってしまいがちですが、
熱めのお湯は自律神経のリズムを乱してしまい、逆に寝つきがわるくなってしまう事になります。
特に夕方以降は副交感神経を優位にたたせて、体を休める体制を整えなければいけませんから、
心拍・血圧・体温を下げて質のよい睡眠を取れるように
体を誘導してあげることです。そのためには38度~41度程度のややぬるめのお湯がおすすめです。

 

 

 

浴室の温度

お風呂の温度ばかりに気を配っていてはいけません。ここで大切なことが1つあります。
それは浴室の温度なんですね。あらかじめ浴室の温度は温めておくといいでしょう。浴室が寒くて
冷え切っていては、ヒートショックが起きてしまい、体にとって負担を大きくしてしまいます。
浴室暖房装置をつけて、ある程度浴室を温めた状態でお風呂に入ることをおすすめします。
浴室暖房装置がない場合は、お風呂にお湯をはるさいに、シャワーを使ってお湯をはると、
浴室内の空気も温まってくれますよ。

 

 

 

 

お風呂の入り方

基本的に、お風呂の入り方は体全身をつける「全身浴」と、胸の下あたりでみぞおちくらいまでを
つける「半身浴」があります。疲労回復を目的にするなら「半身浴」です。
しかし、半身浴の効果を出すためには、20分程度の時間をかけないといけません。
ゆったりと入浴することができるなら、断然半身浴でいいのですが、夜遅くヘトヘトになって
帰宅した場合、そんな余裕がありませんからね。そこでどうすれば疲労回復に効果的な入浴が
できるかと言いますと、全身浴でお湯の温度をやや低めの38度~40度程度にして、
10分程度入浴するといいですよ。
体内の血行を改善でき、温熱・水圧・浮力のお風呂3大効果を実行することができます。
さらに、可能なら入浴剤を加えてより効果をあげるといいですね。

 
もし、体調が悪かったり、疲労がひどくてお風呂に入るのができない場合は、20分程度でいいので
手や足だけをつける部分浴だけでも体の疲れは解消されますよ。