あなたのクマの種類は??種類に合わせたお手入れでクマを改善しよう!!

疲れた時や、寝不足の日に目立ってくるのが
目の下の「クマ」!!

クマがあるだけで、どうしても
お顔の表情が暗く見えたり、疲れが顔に出てしまいますよね…

実は、一言に「クマ」いっても
クマの種類はいくつかあり、
その種類に合ったお手入れを行うことで
クマの改善に役立てることができるのです!!

どのようなクマの種類があるのでしょうか??

青グマ

<原因>血液のうっ血によるもの
目の周りは基本的には血液が集まっている場所ですが、
疲れや寝不足になると目の周りの血液がよどんできます。
この事が原因で起こるクマが青グマです。

青グマになりやすい方
●色が白い方
●まぶたが薄い方
このような方は、皮膚が透けやすく
どうしてもクマが目立ちやすく、また、冷え性の方も青グマが出来やすくなります。

青グマの改善方法
●適度な運動
●冷たい物を摂るのを控える
●タバコを控える
●目の周りに沿ってツボ押しを行う

クマが出た時に、メイクで隠される方もいらっしゃるかと思いますが
この青グマが一番カバーをすると目立ちにくくなります。

黒グマ

<原因>むくみ・たるみによるもの
下まぶたの薄い皮膚は年齢とともにどんどん弱くなっていきます。
そうすると、目の下の皮膚が前の方に飛び出てき、
その部分に影ができクマのように見えてしまう事が原因。

黒グマの改善方法
●むくまないように塩分過多に注意する
●冷たいものを摂取しすぎない

茶グマ

<原因>シミ・くすみによるもの
花粉症などで目をよくこすっていた方や、
アトピーなどで湿疹が出来ていた方が茶グマになりやすくなります。
摩擦を与えたことによってシミとして残ってしまった事が原因のクマです。

茶グマの改善方法
●ホワイトニングのスキンケアを行う
(ビタミンCなど美白成分が含まれるスキンケア商品の使用など)

クマの見分け方
(青グマ)
目の下の皮膚を引っ張ってみるとクマの色が薄く見える。

(黒グマ)
顔を上に向けると目立たなくなる

(茶グマ)
目の下の皮膚を引っ張っても薄くならず、
上を向いても薄くならない、また寝不足でもクマの状態が変わらない方。

クマが出来ていると、
美白メイクを行っても、何となく、くすんでいるように見えることがあります。

どのクマのタイプでも、
血流の流れを良くして、新陳代謝を促すことで
クマの状態を改善することが出来るので、
睡眠はきちんと取り、肌の新陳代謝をよくするようにしましょう!!

関連記事

おすすめ記事

  1. 年と共に増えてくるシミやシワ、たるみやくすみなど、女性としてはできるだけなくしたいところですよね~。…
  2. ベジ抹茶 便秘
    ベジ抹茶の便秘の効果って? ベジ抹茶を飲んでいる方の口コミを見ていると、便秘が解消された、お腹…
  3. ブラックナチュレ 副作用
    ブラックナチュレ 副作用ってどうなの? ブラックナチュレの成分はどうなの?副作用は大丈夫? 白髪…
  4. フルソイ FULL SOY
     更年期の方がリピータになるフルソイの口コミや評判はどうなの? 更年期になると、頭痛や火照り、耳鳴…

エステ・マッサージ

  1. やかないサプリ 口コミ【飲む日焼け止めで紫外線から美肌を守る!】

    やかないサプリの口コミ情報をまとめました。 やかないサプリとは? 夏になると、紫外線って気に…
  2. ギャルファッションなら「ギャルプチプラ通販 Galoo Shoppers」におまかせ!

    ギャルファッションってどこで売っているイメージでしょうか?やっぱり若者向けの街・渋谷でしょうか?…
  3. 「ヘアキューキュープラチナエーオイル」でどんな癖毛も極上サラ艶ストレートに♪

    髪は女の命・・・とはいいますが、女性らしさのシンボルマークであるサラサラストレートヘアを維持…
ページ上部へ戻る