これからの季節は、
肌の乾燥と共に唇もカサついてきますよね…

ぷるぷるの唇は、女性のあこがれでもありますが
乾燥する季節はどうしても唇がカサつきがちになり
口紅などを塗ってもきれいに仕上がりにくい事があります。

そんな、唇が乾燥した時に、リップクリームを使用されている方は
多いかと思います。
確かに、リップクリームはとても役に立つものですが、
実は、きちんとした使い方をすることで更に効果をあげることが出来るのです。

リップクリームの効果とは??

リップクリームは、
●カサついた唇の保護
●唇の乾燥の予防
などの効果があります。

しかし、乾燥がひどくなった唇の荒れを治す効果はありません。
ですので、リップクリームは、あくまでも予防として使用する商品になります。

正しいリップクリームの塗り方は??

●縦に塗る
リップクリームは、つい横に塗りがちですが、
「唇の縦ジワ」という言葉があるように縦に塗っていくと効果的です。

●少し皮膚などで温めて塗る
特に寒い季節は、リップクリームも固まっている時が多く
そのまま唇につけると皮膚を引っ張ってしまうことがあります。
リップが固まっているときは、身体のどこかで温めて塗るようにしましょう。

唇の乾燥が進行して荒れがひどい時には、
はちみつやオリーブオイル、ワセリンを混ぜて唇に塗布し
その上からラップをかぶせて10分くらいパックを行うとしっとりします。

唇はなぜ乾燥しやすいのか??

唇は、肌の中でも乾燥しやすい部分ですが、
乾燥する理由がきちんとあるのです。
基本的に肌には、皮脂腺という肌の潤いを保つのに必要な
皮脂を分泌するものがあるのですが、
唇にはこの皮脂腺がないためどうしても乾燥しやすくなります。

乾燥したときに応急処置で唇を舐めるのはいい??
唇が乾燥し、手元にリップクリームが無い時は
つい、唇を舐めてしまいがちになりますが、
唇を舐めた時、唇に付着した水分が蒸発する際に、
唇の皮膚の水分も一緒に蒸発してしまうので
唇を舐める行為は極力避けるようにしましょう。

何気なくリップクリームを使用されている方も多いかと思いますが、
少し使用方法を変えたりすることで効果をアップさせることが出来ます。

これからの、季節、乾燥をしやすくはなりますが、
唇もきちんとケアを行い
常にツヤツヤの唇でいれるようにしましょう!!