腸の研究が進むと同時に、開発が進んでいるのが
ヨーグルトなどの発酵性乳製品

特に便秘の方や、腸を整える事に意識が高い方は
そういった商品を購入される事も多いかと思います。

しかし!!
店頭には、沢山の商品が陳列されていて
「どの商品が良いのだろう…」
「どれが自分の身体に合っているのだろう…」
と、購入の際に悩まれる方も多いのではないでしょうか??

発酵性乳製品は、様々な種類がある分
それぞれの得意分野もあるんです!!

今回は、発酵性乳製品のそれぞれの特徴や効果などをまとめてみたいと思います!!

ヨーグルトタイプの特徴とは??

<ビフィズス菌BB536>
腸から悪玉菌を追い出してくれる効果や
花粉症の改善やインフルエンザ予防に役立つ。

<ビフィズス菌Bb-12>
酸への耐性が強い。菌が生きたまま腸に届き腸内環境を整えてくれる。

<LB81乳酸菌>
「抗菌ペプチド」という物質を増やしてくれて、腸の防御機能を高めてくれる。
免疫力を上げてくれる作用もある。

<ビフィズス菌BB12>
胃酸に強いのが特徴で生きて腸まで届き免疫力を上げてくれる。

<ガセリ菌SP株、ビフィズス菌SP株>
日本人のおなかに住んでいる乳酸菌から選ばれたもので、
菌が生きたまま腸まで届きます。また、おなかの中に長くとどまる事も特徴です。

飲料タイプの特徴は??

<ラブレ菌>
植物由来の乳酸菌で腸で生き抜く力が強い菌。

<1073R-1乳酸菌>
病気に感染した細胞を攻撃し免疫力をアップしてくれる。

<LGG乳酸菌>
胃酸に負けず腸まで届き、腸に長くとどまりおなかの調子を整えてくれる。

<ビフィズス菌 Bifix>
胃酸に強く、お腹の中で増える菌。

<乳酸菌 シロタ株>
菌が生きたまま腸に届く。
良い菌は増やし悪い菌は減らしてくれて腸内環境を整える作用がある。

以上のように菌も様々な種類があり、
特徴も少しずつ違いますね。

ヨーグルトタイプや飲料タイプの商品以外にも
更に手軽に取り入れることが出来る
「タブレットタイプ」の商品もあります。

発酵性乳製品を摂取する際の工夫

腸内環境や体質は各個人で異なるものですので、
様々な菌をそれぞれ10~14日間くらいずつ試してみるのも良いですね。

身体に摂取することで腸内環境を整えてくれる発酵性乳製品ですが、
摂取する際には、胃酸が弱まっている時を選んで摂取するなどの
ひと工夫があると更に効果を出してくれます。

また、乳酸菌は腸に定着するものではないので
毎日、摂取することも大切です。

日々の食卓に、健康と美容に役立つ
発酵性乳製品を取り入れて見られてはいかがですか??