仕事や対人関係で何かとストレスを感じた時に思わずため息をついてしまった……。皆様の中にもこのような経験が一度はあられる事かと思います。

何ともいえない気持ちが言葉ではなく肩の脱力と共に出てしまうため息。実は、このため息こそ健康になれる呼吸法でもあるのです。

正しい呼吸法は、健康と美容に役立ち、自律神経を整え精神状態を安定させたり、血流の流れもよくなり、ホルモンバランスも整えてくれます。ですので、正しい呼吸法の実践は、健康に役立つことはもちろんの事、美肌の効果や痩身効果も期待出来ます。

通常、呼吸法というと腹式呼吸を想像される方も多いかと思いますが、腹式呼吸は意識して実践しようと思うと少し難しいと感じる方もいらしゃいます。しかし、そんな方でも、ため息呼吸法であれば簡単に実践することが出来ます。ため息呼吸法は、夜寝る前の布団の中で通常の肩の力が抜けるため息を、腹の底から吐き出すため息に変えるだけで簡単に行う事が出来ます。

<ため息呼吸法>

①鼻から空気をお腹が膨らむように大きく吸い込みます

②大きく腹の底からため息をつく(この時にストレスも一緒に吐き出すように行う)

以上。たったこれだけの事を寝る前に約30回行うだけです。こんな簡単に出来る呼吸法ですが実際に行ってみるとお腹には力が入り、身体だけではなく不思議と心もスッキリ壮快な気分になるんです。

ポイントは、②の息を吐き出す時に、一日の中でのストレスや嫌だった出来事を息と共に吐き出す事です。寝る前に一日のストレスを吐き出すことで精神面も安定します。人はストレスを感じてしまうとどうしても呼吸が浅くなりがちです。ため息呼吸法は簡単に出来る事だからこそリラックスして行うことも可能です。皆様も一日の疲れとストレス解消に、是非、ため息呼吸法を活用されてみて下さい!!