関節リウマチに人気のある入浴剤はコレ!【こわばり対策におすすめ】

投稿日:2017年4月15日 更新日:

関節リウマチは、主に手足の関節に痛みを生じる免疫に異常が生じることで起こる病気です。

左右両方の関節で症状が発生するケースが多く、炎症が続くと腫れや痛みが激しくなります。30代から50代の女性に多く発症し、男女比は、男性を1とした場合、女性はその4倍にもなり、女性に多いのが特徴です。

関節リウマチは、昔から温泉による温浴効果として湯治(とうじ)が知られています。

関節リウマチは、38度から40度程度の温度が適温で、入浴時間は、20分程度、ゆっくりつかり温める必要があります。

ですので、お風呂で41度を超える温度で、短時間で上がる入浴の仕方とはだいぶ違います。

湯治でもそうですが、お風呂に1度入れば、すぐに効果が出るものではなく、ゆったりとある程度の期間が必要なので、慌てずに習慣化しましょう。

但し、お風呂に入る時、熱がある場合、出血している時、腫れがひどい時などは、入浴は逆効果になるため控えましょう。

ここからは、関節リウマチにおすすめの人気の入浴剤をご紹介します。

1位 薬用カンカイ(kankai)入浴剤


kankai入浴剤は、関節リウマチで温熱療法を取り入れる方に人気の入浴剤です。
カンカイの主成分は、漢方で、その中でも2000種類の中から5種類の生薬に厳選し作られた薬用入浴剤なんです。

この入浴剤は、パックを開けると、漢方の香りが漂い、お風呂に入れると、薬効成分がお風呂に溶け出していくのが分ります。ただ、一般の入浴剤のように着色して色を付けているわけではないので、そこまではっきりした程の色の変化はないです。

入浴すると、一見大した変化がないように思えますが、お風呂から上がった後は、少しポカポカ感があります。お風呂は、全身で薬効成分に触れるので、毎日入っていると、徐々に体調が良くなる感じです。

美容液もそうですが、やはり肌に触れるものは、無添加で肌に優しいものが良いです。特に、お風呂の場合は、素肌に触れる面積も大きいので、薬効成分がぎっしり入っているkankai入浴剤はお得です。

リウマチの方だけではなく、ご家族で入る方も多いので、血行促進、冷え性改善など体質改善にもいいですよ。子供は最初は漢方の匂いが気になっていましたが、今は普通に入浴していますよ♪

>>kankaiのお得な50%OFF割引キャンペーンはコチラ!<<

2位 水素のめぐり湯

水素のめぐり湯は、水素発生器などを使用せずに水素のお風呂に入れる入浴剤です。通常、水素発生器などを購入すると、初期費用で10万円以上はします。もちろん、使うためには電気代もかかりますし、充電に5時間もかかります。実は、お金と手間がすごくかかるんです・・・。

だから、毎日続けるだけでも大変なんですよね。

でも、この入浴剤は、お風呂に入れるだけです。しかも、8時間水素が出るので、便利になりましたよね~。
水素は、体内の活性酸素を除去する働きがあるので、人気があるのですが、さすがに今までは高くて、欲しくても買えないものだったんです。

ちなみに、この水素のめぐり湯は、水素だけではなく、肌に優しい潤い成分も多く含まれているので、肌をキレイにしたい方にもおすすめです。リウマチの方だけでななく、家族でこの水素風呂を使う方も多くいますよ。

>>お得な水素のめぐり湯のキャンペーンはコチラ!<<

3位 生薬のめぐり湯

生薬のめぐり湯は、温泉成分と漢方が入った入浴剤です。
リウマチだけではなく、冷え性、肩こり、むくみ、腰痛、湿疹やニキビなどの方にも人気のある入浴剤です。

漢方の成分を見ると、体を温めるものが多いことが分ります。
体を温め、血流の流れを良くするため、体が少し軽くなった感じがします。

もともとは、この生薬のめぐり湯は、ホテルニューオータニで使われている高級入浴剤を改良して作られた廉価版の入浴剤です。なので、品質は、高いものなので、安心して使えますよ。

>>お得な生薬のめぐり湯のキャンペーンはコチラから!<<

-予防医学, 人気商品

Copyright© ビュープリ(BeauPre)~免疫力を高める「美&健康」の総合サイト~ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.