リウマチに効く全国で人気の温泉はココ!【北海道・東北・関東・関西・中国・九州】

投稿日:2016年9月27日 更新日:

40代から60代の方の発症率が多いというリウマチ。関節を動かすと痛みが走り、身体がむくみ、息切れや疲れやすいという症状が出るという病気です。身体が痛くてだるいので外に出るのもおっくうになり、さらに関節がこわばってしまうという悪循環に陥っている方も多いようですね。

「私まだ若いからリウマチなんて関係ない」とそんな風に高をくくっていてはいけません。実はリウマチの患者さんは若い世代の方にも年々増えていて、最近では20代や30代でも発症する場合があるんです!油断は禁物なんですよ!

でもリウマチになったとして、どうやって治療・改善していったら良いのでしょうか?なんとなく温泉がいいというイメージがありますが本当に温泉は効果があるのでしょうか?

そもそもリウマチってどんな病気なの?

リウマチとは免疫機能が異常を起こすことで発症してしまう免疫系の病気です。免疫機能とは本来私たちの身体を守ってくれる役割があるのですが、この機能が異常を起こすことで、関節組織や骨組織、軟骨を敵とみなして攻撃してしまうんです。

攻撃されることによって関節や関節の周囲の骨、腱、筋肉などに痛みが起こります。この病気をまとめて「リウマチ性疾患」と呼びます。一般的にリウマチというと「関節リウマチ」を指していて、この関節リウマチは患者数が多く。約100万人ともいわれています。

リウマチは完治の難しい病気と言われていて、原因もまだ明確になっていません。現在の治療法としては薬物療法、リハビリテーション、手術などが有効とされています。ただ、薬も高価であり、治療薬というよりは痛みを和らげることに重点を置いた物が多いです。

リハビリテーションも関節を常に動かしておくことで、身体がこわばらないように予防するものなので、現在の段階では完全治療というより、病状が悪化しないように痛みを和らげ、筋肉を健康な状態に保つことが大切です。

温泉は効果的なリウマチ治療方法なの?

よく身体の悪い人が温泉地へ湯治に行くという話を聞いたことがありますよね。実はリウマチというのは昔からある病気で、昔の人はその治療方法として温泉に入っていたんです。昔の人の知識だからと馬鹿にしてはいけません。これはとても理に適った治療法で、温泉に入ることで身体が温まり、血行を改善し関節の痛みを和らげてくれる効果があるんです。

また温泉に入ることで浮力が働き、動くのも楽になります。温泉の中で身体に負担をかけずにリハビリテーションすることで、筋肉の固まりも解消され無理のない運動が可能になるんですよ!

「温めればいいのならお湯でいいじゃない」と思うかもしれませんが、温泉に含まれている効能がリウマチに効果的だということも分かってきました。ではどんな温泉がリウマチに効果的なのか?全国にある有名温泉の中からリウマチに効果的な温泉を紹介していきましょう♪

リウマチに効果的な全国の温泉地をご紹介!

北海道 ウトロ温泉

ウトロ温泉の無色透明の湯は含ホウ酸重曹食塩泉で、リウマチ、神経痛、炎症などに効果があります。肌を滑らかにしてくれるので美肌効果も高いですよ。

北海道 登別温泉

言わずと知れた北海道の名湯です。北海道には有名な温泉が多いですが、その中でも知名度が高く、また温泉の種類が多いことでも知られています。乳白色で匂いの強い硫黄泉が有名ですが、その他にも泉質は様々で、食塩泉などは保温効果が高くいつまでもポカポカしているため関節痛、リウマチ、腰痛などに効果があります。

秋田県 湯瀬温泉(ゆぜおんせん)


湯瀬温泉は、リウマチ、美肌、関節痛、神経痛、筋肉痛、皮膚病、婦人病、不妊症、糖尿病などに効く温泉として知られています。特に、「日本三大美人の湯」の1つとして知られています。(美人の湯は、群馬県の川湯温泉、和歌山県の竜神温泉の2つがあります。)二度三度と繰り返し湯浴みするうちに肌に潤いとぴちぴち感が戻ってくると評判です。

群馬県 草津温泉



草津温泉は林羅山(はやしらざん)の日本三名泉に数えられるほど格式の高い温泉で、日本を代表する名泉の一つです。草津温泉は基本的には酸性低張性高温泉ですが、場所によっては硫黄泉なども出ています。昔から草津温泉は万病に効くとされていて、特に皮膚病の治療、ハンセン病の治療に効果的とされてきました。しかし近年の研究で草津温泉の湯は喘息、リウマチ、高血圧に効果が高いんですよ!

岐阜県 下呂温泉



草津温泉に続いて日本三名泉に数えられている名泉の一つです。下呂温泉はアルカリ性単純温泉でとても滑らかなお湯です。効能は多く、リウマチ、運動機能障害、神経症、神経麻痺、病後回復、疲労回復などに効果があります。美容効果が高く美肌の湯としても有名です。

兵庫県 有馬温泉



日本三名泉の最後の一つである有馬温泉は日本でも有名な温泉地です。有馬温泉は塩分と鉄分を多く含む褐色が特徴で、鉄塩化物泉と、ラジウムを多く含む放射能泉、炭酸を多く含む炭酸水素塩泉の3種類の湯があります。効能としては塩がお肌に付き、薄い皮膜をつくるので、温泉を出た後も保湿効果が持続するので、冷え性、腰痛、リウマチ、筋関節痛、末梢血行障害などに効果があります。

山口県 錦帯橋温泉(きんたいきょうおんせん)



泉質は単純弱放射能冷鉱泉です。特に、リウマチや高血圧など豊かな効能を持っています。眼下に錦帯橋を見渡す露天風呂や、対岸の山頂に築かれた岩国城を望む湯殿などが揃います。昔の岩国城に居を構えた殿様のような気分を味わえる雰囲気十分の温泉です。

大分県 由布院温泉



由布岳の麓に広がっている人気の温泉地です。温泉の魅力ももちろん、山麓の優麗な景色も人々を惹き付ける大きな魅力の一つです。由布院温泉のお湯はアルカリ性単純泉で、リウマチ、神経痛、皮膚病、消化器病、冷え性、疲労回復、婦人病、疾患など幅広い効能があります。

★注意して欲しいポイント!

関節リウマチを和らげるのに温泉は効果的なのですが、気を付けて欲しいポイントがあります。まず、急性関節炎のような患部が腫れている場合、炎症を起こして真っ赤に変色している場合などには、温泉は逆効果になります。デリケートな状態の時にはあまり動かさず、腫れがひいて落ち着いてから入ってくださいね。

また、患部か発熱している場合や出血している場合も温泉はNGです。「ちょっと腫れているような気もするけどどうだろう?判断が難しいな」という場合はお医者さんに行って指示に従いましょう。

温泉後は自宅で簡単にできるリウマチ温浴が人気!

リウマチに効く温泉にいってから、それで終わりでは、とてももったいないです。
というのも、リウマチの温浴は1回ではなく、できる限り毎日浸かることで効果が出てくるからです。

でも、毎日温泉にいくわけにもいかないですよね。
時間もお金もかかります。

そんなリウマチを本当に治したいという方の間で人気なのが、
自宅で簡単に温浴ができるリウマチ用の入浴剤なんです。

入浴剤っていうと、バスクリンのきき湯なんかが有名ですよね。

でも、きき湯のような炭酸ガスが主成分のものと違って、
リウマチ用に作られた入浴剤なので、全く違います。

この入浴剤は、
5種類のリウマチに効く成分として厳選された漢方が主成分の入浴剤なんです。
それが『kan kai カンカイ』です。
kankai

『kan kai カンカイ』はリウマチの方だけではなく、神経痛・冷え性の方にも人気なんです。
カンカイは、まさに温泉の効能と同じ効果を自宅で体感できる薬用入浴剤なんです!

これをお湯に混ぜて入るだけで血行が良くなり、凝り固まった筋肉がほぐれます。入浴剤を入れたお風呂で患部を温めながらストレッチや柔軟をすることで、リハビリテーション効果もアップしますよ♪

保温効果も高いのでお風呂を出た後もポカポカ効果が持続します。
なぜこんなに効果があるのかというと、『kan kai カンカイ』は和漢の力を利用しているんです。

2000種から厳選した5種の生薬100%和漢パックが入っていて、その効能をお湯にたっぷり溶かすことで効果を得ることができるんです。神経痛、冷え性に効果的な、甘草、生姜、当帰、十薬などが含まれています。

これが、実際にかんかい入浴剤の中身(パックをハサミで切った中身)です。

またリラクゼーション効果のあるカミツレエキス、ホホバオイル、ローズなども配合されているのでオシャレでリッチな気分も味わえますよ♪こちらは、週に1度、リラックス目的で使う入浴剤です。(カンカイ入浴剤に付属されてきます♪)

通常価格12,600円(税別)です。1回のみのお試し向きです。
ただ、初回全額返金保証がついているので、安心して購入できますよ。

定期便の場合は、今なら初回限定で6,300円になってます!ただ、4ヶ月継続する条件があるのでご注意くださいね。もちろん送料も無料ですよ♪

リウマチに効く温泉が毎日楽しめちゃいます!今日からお試ししてみませんか?
>>30日間返金保証付き♪リウマチに効く人気の入浴剤!

-予防医学, 人気商品

Copyright© ビュープリ(BeauPre)~免疫力を高める「美&健康」の総合サイト~ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.