大人ニキビに効くのは「ビーグレン」VS「 プロアクティブ」どっち!?

投稿日:2016年9月26日 更新日:

大人ニキビに効くのは「ビーグレン」VS「 プロアクティブ」どっち!?

ニキビは思春期特有の症状・・・そんなイメージはありますが、実は大人になってからも結構ニキビって出来ちゃいますよね。

特に不摂生をしたり、変なものを食べた心当たりもないのに鏡を見ると赤いぽちっとしたニキビが出来ていて「あれ?」と思ったことのある方は結構多いのではないでしょうか?

子供の頃とは違って、仕事に出掛けるときはお化粧をするので、ニキビの上からファンデーションやチークを塗ることになりますし、ニキビを隠そうとコンシーラーなどをすると逆にニキビが炎症を起こしてしまうことも多いです。

かといってすっぴんで仕事先や取引先に行くわけにもいきません・・・。

そんなときに役立ってくれるのがニキビの解消に特化したスキンケア商品ですよね!

雑誌やテレビCMでもよくやっているので知っている方も多いでしょう。しかし数あるスキンケア商品の中で、どれを選べばいいのか・・・これもまた大きな問題です。

最近話題になっているのが美くしい白い肌を作ってくれるスキンケア商品の「ビーグレン」と、昔ながらもニキビケア商品である「プロアクティブ」です。両方ともリピーターは多いようですが、どちらにどんな効果があるのか、比較するとどちらが効果的なのか、検証していきましょう。

そもそもニキビってどうしてできるの?

ニキビが出来る原因はたくさんあるのですが、実は思春期特有のニキビと大人になってから出来るニキビでは原因が異なるんです!どういった違いがあるのか紹介していきましょう。

<思春期ニキビ>

中学生~高校生くらいに頻繁に顔に出来てしまうニキビは、学生時代に多い思春期特有のニキビである可能性が高いです。このニキビは皮脂の過剰分泌が原因です。

成長過程でまだ毛穴が小さいので皮脂が詰まりやすく、炎症を起こしてしまうのです。また、ホルモンバランスの乱れによる肌荒れからくるニキビの場合もあります。

<大人ニキビ>

大人になってから出来るニキビは、角質層が古くなってはがれ落ちずに蓄積してしまったことが原因であることが多いです。古い角質が毛穴をふさぐことから炎症を起こしてしましニキビになるんです。

また、肌の老化からバリアーがなくなり乾燥してしまい、肌がボロボロになって毛穴が詰まることもあります。

紫外線ダメージや栄養不良、睡眠不足、精神ストレス、過剰な洗顔、性ホルモンの乱れなど、肌が正常に機能しなくなる原因はいくつも考えられるので、すぐに解決するのが難しいニキビでもあります。

プロアクティブってどんな効果がある?

プロアクティブ

「プロアクティブ」は昔からある老舗のスキンケア商品で、ニキビの悩みといえば「プロアクティブ」というくらいニキビに効果的なイメージですよね!ではどんなところが評価されている所以なのか調べていきましょう。

まず、「プロアクティブ」の基本は洗顔、整肌、保護の3ステップです。

スクラブ入りの洗顔で毛穴の汚れや、毛穴の奥にいるアクネ菌を洗浄し、顔を清潔に保ちます。そして整肌で蓄積してしまった古い角質を除去します。最後にうるおい成分、保湿成分、トリートメント効果のある美容液を肌に与えることで潤いをキープし保護します。

ニキビケアに特化しているように思えますが、ニキビケアに限らず、いろいろな肌のトラブルに使えるスキンケア商品なんですよ!思春期特有のニキビだけでなく、大人になってからのニキビにも有効で順調な肌のターンオーバーを促し、潤いをキープしてくれます。

プロアクティブが効かないという声も!?

有名なスキンケア商品というのは「良かった!」という声と同時に「効果がなかった!」という声も多いものです。まあ、それだけたくさんの方に選ばれているということなのでしょうけれど、なぜ効果がなかったのでしょうか?

実は「プロアクティブ」はその高い洗浄効果ゆえに、肌に合わないという方もたくさんいます。特にスクラブ入りの洗顔料は、健康な肌の方にとってはすごくすっきりするものなのですが、敏感肌の方にとっては刺激が強すぎてしまうものなんです。

また、角質層を柔らかくするために含まれている酸の影響で肌がピリピリしてしまうもいるようです。

肌の整肌や保護のために含まれている美容成分はとても有効なのに、洗顔の段階で肌が荒れてしまうので、奥に浸透しないというのは何だかもったいない話です。当たり前のことですが、効果的なスキンケア商品といっても万人に有効なわけではないようですね~。

話題の「ビーグレン」が選ばれる理由とは?

bglen

贅沢な美容成分を配合していても肌の奥まで浸透しないのでは意味がない・・・ではどうしたらいいのでしょうか?実はそこに重点を置いて開発されたスキンケア商品がこの「ビーグレン」なんです!

ビーグレンは、肌の奥深くまで浸透してくれるニキビ対策化粧品として非常に人気があります。

もちろん、「ビーグレンなんて聞いたことない!」という方も多いでしょう。「プロアクティブ」に比べたら圧倒的に知名度の低い化粧品メーカーです。

そもそも「ビーグレン」の開発者はガンや遺伝子の病気を治す浸透技術を研究していたアメリカの大学教授であり、普通の美容関係の会社にはない変わった経歴を持つ化粧品メーカーなんですよ。

「ビーグレン」は「キューソーム」という独自の浸透テクノロジーを開発し、肌の表面に弾かれずに置くまで浸透する技術に成功しました。なので、敏感肌であっても、今までいろいろ間違ったスキンケアをしてボロボロの肌であってもちゃんと角質層の奥まで美容成分が浸透してくれるんです!

このような浸透力は、プロアクティブと異なり、ビーグレンならではの独自の技術力が光っていますね!

ニキビで治したい部分に直接効果を与えることができるので「即効性がある!」と評判になっているんですよ♪

ビーグレンとプロアクティブはどっちがベスト?

比較してみた結果、「プロアクティブ」の3ステップは高い洗浄力と贅沢な美容成分が評価されていて、保湿効果やトリートメント効果、うるおい補給効果もあります。

ただ、高い洗浄力のため敏感肌の方や、肌がすでに荒れてしまっている方には効果がない場合もあり、贅沢な美容成分も浸透しないので意味がないということも・・・。

比べて、「ビーグレン」は知名度は低いですが、独自に開発された角質層への浸透効果は抜群で、どんな肌状態の方であっても即効で美肌効果を得ることができます。またニキビ対策として嬉しい安定的な保湿成分、持続性があります。

なので、ニキビ対策として肌への優しさを含めると、ビーグレンかプロアクティブを選ぶなら、ビーグレンがおすすめです!

>>ニキビ対策のビーグレンの詳細は、コチラ♪

-ニキビケア, 人気商品

Copyright© ビュープリ(BeauPre)~免疫力を高める「美&健康」の総合サイト~ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.