自宅のベランダで日焼けするVSセルフタンニングの効果・安全性で評価しました。

投稿日:2016年5月9日 更新日:

自宅のベランダで日焼けする方法と小麦肌クリームによるセルフタンニングの効果と安全性で比較評価しました。

同じ紫外線を受けた場合、日焼けは、女性より男性の方が日焼けしやすいことが、実験から知られています。

ただ、女性の場合は、シミ・シワも気になると思いますので、その点も考慮した安全性を評価しました。

自宅のベランダで日焼けする方法

手軽さ:用意するものは、リクライニングサマーベッド、日焼け用クリーム、日焼け後のアフターローション

時間 :3時間以内×数日間

安全性:紫外線による影響を受けるため、メラニン、シミの原因の可能性、肌がヒリヒリ、皮がむける場合がある。

効果 :肌が黒くなりにくい人もいる

費用 :2000円程度(日焼けクリーム代 1000円+日焼けローション 1000円以内)(サマーベッドは持っている場合)数万円程度(日焼けによって皮膚に炎症、シミ・シワが今後発生した場合の費用)

デメリット:日焼けの後は、肌の炎症をおこす場合があります。また、日焼けした肌にムラができ黒ずむ場合もあるため、しっかり日焼け後の肌にアフターケアをおこなってあげましょう。

日焼け後の肌に優しい(子供にも使えます)黒ずみ・色素沈着予防には、以下を使う方が多いようです。



セルフタンニング(小麦肌になるクリーム)

手軽さ:用意するものは、セルフタンニングクリーム、背中塗り用のグッツ

時間 :1時間以内程度

安全性:紫外線の影響がないため、シミ、シワになりにくい。肌への負担がほぼなし。

費用 :4000円程度(セルフタンニングクリーム+背中用の塗り棒)

自宅のベランダで日焼けするVSセルフタンニングの総合結果

自宅のベランダで日焼けをする場合は、やはり肌への負担のリスクがあるので、過去に紫外線による日焼けをおこなって問題がない方がおすすめです。

特に、紫外線を受けた表面に見えないシミは、ある年齢になると、一気に表面にでる場合があります。そのため、将来美肌でいたい方は、今、直接紫外線をあびることはオススメしません。

どうしても日光による日焼けをしたい場合は、浴びる時間を短時間にし、ダメージを受けた肌のメンテナンスをしてあげましょう。(ただ、出費が多くなってしまいます。)

セルフタンニングのメリットは、
黒くなりにくい肌質の方も、小麦肌になれること。

短時間で焼けた肌を作れること

外出先でも、場所を選ばず小麦肌になれること。

●紫外線は浴びないため、日光と比較し、肌に優しいこと
など

海やプールに行く場合は、日焼け止めのサンオイルも併用しましょう。
海外では、サンオイルとの併用は一般的です。

セルタニングのデメリット
多くのメーカーからセルフタンニングが販売されれいます。ただ、全ての方に合うとは限りません。必ずパッチテストをおこなう必要があります。

セルフタンニングで小麦肌をつくる場合は、以下の準備をおこないましょう!

>>セルフタンニングのクリーム
これは、セルフタンニングクリームの中では、コスパ、効果の面で一番人気のあるものなので、オススメです。

>>背中をセルフタンニングするグッツ
軟こうぬりちゃん (片手で薬が塗れるグッズ) 【背中の軟膏塗り器】 【旭電機化成】 【あす楽対応_関東】 【532P19Apr16】
こちらも、評価が高い背中にクリームが塗れる棒です。

◇着るだけで筋力強化できるシャツ!これはラクかも・・。◇


▼超強力な増大サプリ。続かないって人はコレで変わる!▼


-ダイエット・ボディメイク, 美容

Copyright© ビュープリ(BeauPre)~免疫力を高める「美&健康」の総合サイト~ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.