寒い季節についやってしまいがちな事が
「お湯洗顔」!!

気温が下がってくると
つい熱い温度のお湯で洗顔してしまいがちになりますよね…

しかし!!
その洗顔方法は、お肌を更に乾燥させてしまう洗顔方法なのです!!

今回は、この季節の洗顔方法についてお伝えさせて頂きたいと思います。

冬の肌状態

●乾燥している
冬の季節の肌は、外気の乾燥とともに肌も乾きやすい状態にあります。

●肌が敏感になっている
乾燥肌になった肌は、バリア機能が低下し肌が敏感になっており
外的の刺激に弱い状態でもあります。

●くすみやすい
外気の温度が低くなってくると皮膚温も低くなりやすく
肌の血行も悪くなりくすみやすくなります。

冬の季節の洗顔時の注意点

●熱い温度のお湯で洗顔を行わない
熱いお湯で洗顔を行うと肌の保湿成分が溶け出してしまい
肌が乾燥しやすくなります。

●刺激の強い洗顔剤は使用しない
冬の肌は、肌が敏感になっているので
洗顔剤はなるべくマイルドなものを選ぶようにしましょう。

●肌質に合わせた洗顔を
乾燥している部分と皮脂分泌が盛んな部分を持ち合わせた
肌質の方は、洗顔剤を分けて使用するのもポイントです。

冬の肌の洗顔後のケア方法

●洗顔後にタオルなどでゴシゴシ拭かない
洗顔後にタオルでゴシゴシ拭かない事は冬に限った事だけではないですが
特に冬は肌が敏感になっていますので注意するようにしましょう。

●洗顔後はすぐに保湿を行う
洗顔後の肌は乾燥していますので、洗顔後は速やかに保湿を行い
お肌を保護しましょう。

●手を温めた状態で保湿を行う
寒い季節は、冷え性の方は手がどうしても冷たくなってしまいます。
寒い季節は、皮膚温が下がりやすくなりますので温めた手でスキンケアを
行い少しでも血行を良くしてあげましょう。
また、手を温めた状態で保湿を行うことで化粧水や乳液などの
保湿材の吸収力も高まります。

●パックなどで保湿を行う
肌の乾燥が進んでいるときは、水分補給ができるパックなどで
丁寧に保湿ケアを行いましょう。
肌に水分を補うことでバリア機能を高めることができます。
また、水分を補ったあとは油分で蓋をするようにしましょう。

この季節は、肌の乾燥から

・化粧ノリが悪くなる
・化粧水がしみる
・小じわ
・たるみ
・くすみ

などの肌トラブルが起きやすくなります。

洗顔という毎日行うスキンケアだからこそ
少し気をつけるだけで肌の乾燥を予防・改善することにも繋がります。

この冬、洗顔方法を少し変えてみて
乾燥からお肌を守るようにしていきましょう!!