ルテインで眼病予防

 

 

 

 

パソコンやスマホとコンピューターはもう私たちの生活の中で、体の一部のような存在に
なってしまっています。そうなると、どうしても目の疲れが出てきます。
最初はちょっとした目の疲れと思っていても、日々積み重なってしまいことで目の疲れは
解消される暇なく、疲れも積み重なってしまい、「眼精疲労」「飛蚊症」「白内障」「緑内障」
「加齢黄斑変性」といった眼病の原因となってしまいます。
また、夏場の強い紫外線なども目を疲れさせる原因となってしまいます。手遅れにならない間に、
目をしっかりと守ってあげましょう。

ルテインって何?

ルテインはカロテノイドの1つである黄色の色素です。カロテノイドというのは、動物や植物を
活性酸素から守る働きをするオレンジ・レッド・イエローといった天然色素をもつ物質になります。
その他には、マリーゴールドのお花や緑黄色野菜、甲殻類の魚介類における殻や鮭の身などの
色を形成している色素です。このカロテノイドの1つである黄色のルテインは目の黄斑部、
水晶体、さらには子宮頚部、乳房といった部分にも関わっています。
特に、目に関しては、眼病リスクになりやすい目の中の活性酸素を除去して、健康維持を
つとめてくれるんですね。ただし、このルテインという成分は体内で作れませんから、
サプリメントなどを利用して定期的に摂取されることをおすすめします。

 

ルテインの蓄積量

先ほどもふれましたが、基本的にルテインは体内で作られない物質になります。なのに、
日々体内で消費されてしまうとあって、蓄えていてもどんどん無くなってしまうんですね。
さらに、加齢の原因も絡んできます。加齢によって、体内に貯えられる量が減少して、
口から摂取した栄養素においても若い時と比べて吸収力が低下してきます。
特にルテインの貯えが減少し始めるのは40歳ごろのアラフォ世代からとなります。
たしかに、この年齢から老眼が出始めたり、体のホルモンバランスが乱れたりと不調を
感じ始める年齢ですからね。

 

ルテインの摂取量

 

食べ物ではほうれん草やケールなどにルテインは多く含まれています。そうです、緑黄色野菜を
摂取するといいということですね。目の健康維持としてルテインを摂取する際には、
1日6mg程度のルテインを摂取していきましょう。ただし、これはどのくらいの量かと
いいますと、サラダボウル5杯分のほうれん草を食べなければいけないということになります。
当然、毎日これだけのほうれん草は食べれませんからね。
できるだけ、緑黄色野菜を摂取して、後はサプリメントを使ってルテインを摂取していきましょう。