ダイエットをすると、筋力が落ちて、逆にリバウンドしやすい体になってしまったり
お腹が常にすいているのでどこにも遊びに行く気力もなくなって
プチうつ状態になってしまうことってありますよね。

そもそもダイエットをする目的はビジュアルをよくする以上に
適正体重にして、楽に行動できる体を作り、アクティブに行動して
幸せを掴むためのものだと思います。
ですので今回はいかにダイエットをしながら健康になっていくかを
書いていきたいです。

まずは1つ目。
ダイエット中も動ける身体をキープすること。
なので、急に食事の摂取量を減らしてしまうのはよくありません。
自分で、このくらいの食事量なら元気に動けるというくらいに
食事量をコントロールすることが大事です。

外食に行ったらご飯を少なめに注文して、そして少し残すとか
間食はしないとか、夜7時以降は食事をしないといった
簡単なルールで、ゆるやかに体重は減っていくはずです。

次に2つ目。
そして同時に動くことが大切です。
駅までバスだった人は歩いてみる。電車の中では
座らないですとか、なるべく階段を使うようにする。
これだけでも、現状の体力はキープできます。

最後、3つ目。
そして少し体重が減ってきたら、ウォーキングやランニング
ヨガやダンスなどを始めてみるのもいいでしょう。

消費カロリーが多いので間違いなく痩せますし、体重が
少なくなっていて、体力も維持してきたので
これらの少しハードな運動も楽にこなせるはずです。

こうして、食生活を見直し、普段の行動に歩いたり階段を
使ったりと工夫をして、ランニングなどの習慣をつけられたら
間違いなく、ダイエットは成功して、そして健康になっているはずです。